反社勢力と詐欺は表裏一体





詐欺の裏に反社あり。

 

詐欺・特殊詐欺の事件を見ると背後に反社(暴力団等)が関係していることが多い。

 

資金をオモテ(事業・経済活動)で運用したい反社会的勢力。

 

マトモに銀行からお金を借りられない詐欺師や共生者・フロント企業。

 

反社資金の金利は非常に高い。

 

だから、借りた方は、一気呵成に儲けようとする。

 

早く暴力団に返したいからだ。

 

そのために詐欺や違法行為を厭わない「異常な経済行為」を行う。

 

 

例えばパクリ屋だ。

 

パクリ屋とは、取り込み詐欺業者である。

 

最初は現金取引で徐々に信用を得て、

 

その後、取引を膨らませるタイミングで締め支払を要求してくる。

 

そして大量に仕入れるだけ仕入れて、代金を払わずに逃げる。

 

食品やトナーなどの消耗事務用品などが多いが、最近は品目は多岐に及ぶ。

 

このパクリ屋ビジネスにおいて、最初は現金仕入となるから、

 

どうしても種銭(軍資金)が必要になる。

 

ホームページや事務所などの費用も工面しなければならない。

 

この種銭(軍資金)は、闇金や暴力団関係者から調達せざるをえない。

 

マトモな金融機関からお金を借りられないから当然だ。

 

 

株式市場で暗躍する「反市場勢力」もこれに近い。

 

仕手筋として悪名高ければ金融機関からの調達は難しいだろう。

 

当然、資金背景はヤミとなる。

 

高利の資金を背景としているから、短期間で暴利を稼ごうとする。

 

ボロ株(超低位株)を買い占め「仕手株化」させる。

 

頃合いを見て売り抜ける。チャートに異常性が見られるようになる。

 

或いは、経営権を握って会社に増資をさせ、

 

得た資金をそっくりそのまま反社関連企業に流出させる(架空増資)。

 

さらには、手形の乱発や乱脈融資など異常の限りを尽くして

 

反社へ資金を流し、乗っ取った企業を死に追いやる。

 

 

このように「経済行為の異常性」には、裏に反社関与が潜んでいる可能性が高い。

 

 

弊社の反社チェック調査「リスク・スパイダー」では、単に暴力団該当情報だけではなく、

 

こうした経済行為の「異常性」も調査対象としている。

 

暴力団が潜在化している中、単純な調査ではリスクを見逃してしまう。

 

詐欺や異常性など反社リスクの兆候となるリスクも調査しなければならない。