国家(全国)企業信用情報公示システム(国家企业信用信息公示系统)とは、中国企業の重要基本情報や信用情報・行政処罰情報(犯罪歴やコンプライアンス上の問題)が調査・閲覧ができる中国政府運営のインターネットサイトです。所管は国家工商行政管理総局となります。誰でも無料で容易に利用でき、オンラインで即時に利用可能な便利で簡単なシステムです。検索バーに中国の企業名・会社名を入れるだけです。中国企業との取引審査・与信審査・与信管理に現地の取引先の信用情報を無料で調べるのに有用です。

中国ビジネスで大活躍の国家企業信用情報公示システム(国家企业信用信息公示系统)の基本をご参考までにできるだけわかりやすく図解させて頂きます。内容の正確性・適時性・網羅性については確約できませんので、実務やお取引は専門家の助言などに基づき行ってください。なお、登録情報と実態が異なる場合もあり得ますので、取引に際しては所在地を訪問するなど実態確認も併せて行うことをお勧めします。

国家(全国)企業信用情報公示システム(国家企业信用信息公示系统)は未上場・非公開会社(非上場・非公開会社)も含めて全ての企業を調べることが可能です。このコラムでは、中国企業の情報開示制度(公示制度)の基本的な知識を簡単に図解しながら、国家(全国)企業信用情報公示システム(国家企业信用信息公示系统)の使い方(使用方法)をご説明します。中国貿易、日中貿易、貿易実務、海外営業、海外購買、中国赴任者(赴任予定者)、中国営業新任者などにご活用いただければ幸いです

▮国家企业信用信息公示系统URL:http://www.gsxt.gov.cn/

国家企業信用情報公示システムでは、中国全土の企業の登記情報は犯罪情報(行政処罰情報)を無料で閲覧できます。 重要基本情報としては、資本金、設立年月、事業内容、資本背景(株主・出資額)、董事等の役員・経営者の氏名などです。 中国のビジネス相手(新規先・既存先)について、パンフレットや会社概要に嘘や虚偽はないか、公示システムでチェックしてください。 登記されている全ての企業の基本情報を、誰でも無料で即時に閲覧することができます。
中国の企業の情報開示制度(公示)は国家企業信用情報公示システム(企業信用信息)を通じて行われる。毎年定期的に必要な「年度報告」の公示と、特定事項が発生する都度必要な「即時公示」がある。年度報告公示については、企業は毎年6月30日までに前年度の事業報告(基本情報)を政府(工商局)に提出しなければならない。即時公示は、特定の事項が発生してから20営業日以内にその事項を公示しなければならない。

年度報告公示については、企業は毎年6月30日までに前年度の事業報告(基本情報)を政府(工商局)に提出しなければならない。 年度報告公示される内容は、住所、郵便番号、電話番号、Emailアドレス、URL等の連絡関連情報、開廃業、清算など企業の存続に関わる事項、出資関係、増資関係、持分関係 これらは企業信用情報公示システムを通じて全て閲覧できる。 しかし、従業員数、や決算情報などについては、企業は工商局に報告義務はあるものの、公示は任意選択できる。
即時公示は、特定の事項が発生してから20営業日以内にその事項を公示しなければならない。 即時公示に該当する特定事項とは、出資・持分・株主・行政許可・知的財産権担保・行政処罰の情報・その他の法により公示とされる情報

工商行政管理部門が職務上把握した特定事項(情報)は公示されます。発生してから 20 営業日以内に公示されます。登録や登記、備案(届出)に関する情報 動産抵当権の登記についての情報 持分質権設定についての情報 行政処罰に関する情報 その他法定公示情報。つまり、中国企業の役員が変更された場合は、当局によって役員変更の公示がなされるわけです。ビジネスで名刺交換した中国相手先が登記された役員かどうかをこれで確認できるわけです。

経常異常名簿(经营异常名录の日本語訳)に乗ってしまう理由: 期限内に工商局へ事業報告を行わない、または期限内に公示を行わない、報告内容に嘘(虚偽)がある、連絡が取れない(公示住所に2回郵送しても届かない) 重大違法名簿リスト(严重违法失信企业名单、厳重違法企業名簿リスト)に載ってしまう理由: 経常異常名簿に記載後、3年経過しても改善しない場合(2016年4月から運用開始)

国家(全国)企業信用情報公示システム(国家企业信用信息公示系统)では、企業信用情報(企業信用信息)、経常異常名簿、厳重違法企業リスト(重大違法名簿)、つまりブラックリストがスクリーニング可能です。 それぞれのカテゴリーを選択し(クリックし)検索バーに企業名を入力し、赤いボタンを押すだけです。
では、中国企業の基本情報・登記情報を調べることができる「企業信用信息」を使っていましょう。 検索バーに中国語での企業名を入力して赤いボタンをクリックするだけです。基本情報の他に知的財産権質権設定や行政処罰情報、動産抵当権などに関する情報が掲載されています。 従業員数や資産総額、負債総額、営業総収入、純利益、納税総額等の情報も提出項目に含まれていますが、任意公示のため多くの中国企業は公示していません。
中国語には「繁体字」と「簡体字」という2種類の漢字が存在します。 企業信用情報公示システムでは、簡体字で入力が必要です。日本語の漢字ではうまく検索できません。
中国企業の企業名称(商号の上位概念)は、中国語の簡体字で入力します。「企業名称」は、「行政区画名+商号(又は字号)+業種の特徴+組織形式」、又は、 「商号(又は字号)+(行政区画名)+業種の特徴+組織形式」により構成されます。 「商号」は、企業名称の一部とであり、企業名称=商号ではありません。 中国の企業名(企業名称)については、「企業名称登記管理規定」の制限があります。
中国の企業(会社)を調べる際、日本の漢字をそのまま検索バーに入力してもうまく結果が表示されません。 中国語の簡体字での企業名(会社名)で検索する必要があります。 日本語を中国語(簡体字)に直すには、グーグル翻訳か、中国の検索エンジンで日本語の漢字を入力してみてください。 すると中国語(簡体字)での検索結果が表示されます。 中国の有名な検索エンジンとして、以下があります。 Baidu(百度):http://www.baidu.com Sogou(搜狗):http://www.sogou.com

Baidu(百度):http://www.baidu.com Sogou(搜狗):http://www.sogou.com

「第 6 条 企業は一つの名称だけを使用することが認められ、登記主管機関の管轄区内においてすでに登記を行った同業種の企業名称と同じ又は類似してはならない。 特別の必要がある場合、省級以上の登記主管機関の承認を経て、企業は規定の範囲内において従属会社名を 1 つ使用することができる。第 7 条 企業名称は、屋号(又は商号、以下同じ)、業種又は事業の特徴、組織形態の順序で構成しなければならない。企業名称は企業の所在地の省、市、県の行政区間の名称を関しなければならない」(ジェトロ)
中国企業の正式な名称(会社名)は、企業のホームページ等に乗っている場合があります。 とりあえず屋号(商号)で検索してみて、探してみましょう。 中国の有名な検索エンジンとして、以下があります。 Baidu(百度):http://www.baidu.com Sogou(搜狗):http://www.sogou.com

中国企業を調べる場合(信用調査等)、正式な企業名称が分からない場合は、とりあえず商号で検索し、 以下の条件で対象を絞り込むこが可能です。 信息分类:情報分類 企业状态:事業の状況 成立年限:設立の年 登记机关:登記機関 高级筛选:高度検索(行政許可や行政処罰の有無等)
国家(全国)企業信用情報公示システム(国家企业信用信息公示系统)では、企業名を入力し、検索すると 認証画面(クイズのようなもの)が表示されます。パズルを合わせたり、表示されている漢字をその順番どおりにクリックするタイプなどのクイズ(問題)が出題されます。 さほど難しくないので感覚的にやれば攻略できます。 その後、該当するとみられる企業の一覧が表示されます。検索結果に表示されるもの 企業名称、企業状態 統一社会信用コード 法定代理人 設立年月日です。
国家(全国)企業信用情報公示システム(国家企业信用信息公示系统)の個別の企業情報の閲覧画面です。 タブにより情報ジャンル(種類)を選ぶことが可能です。タブは、会社の基本情報、行政許可、行政処罰、経常異常名簿への記載、厳重違法企業名簿(重大違反企業名簿)に大別されます。

中国との取引における信用調査(与信審査・取引審査)の基本中の基本情報です。 基础信息:基本情報に含まれる項目 (1)营业执照信息:営業許可情報①统一社会信用代码:統一社会信用コード②企业名称:企業名称③类型:企業種類(形態)④法定代表人⑤注册资本:登録資本金➅营业期限:経営期限(経営できる期間、営業期限)⑦登记机关:登記機関⑧核准日期:許可日⑨登记状态:登記状態⑩住所:住所⑪经营范围:事業目的・経営範囲・営業範囲

 

上記のうち、「登録資本金」については、2014年に資本金の払込期限制度が撤廃されているため、実際の払い込み済み額と異なる可能性が十分ある事に注意が必要です。

 

基础信息:基本情報に含まれる項目  ①株主・出資情報:股东及出资信息 、②主要人物(役員)情報:主要人员信息 中国の役員情報は重要です。経営幹部と名刺に書いてあるのに登記されていなかった場合は騙されている可能性もあります。③支店情報:分支机构信息④清算に関する情報:清算信息⑤基本事項の変更:变更信息➅持分質権登記の情報:股权出质登记信息⑦知的財産登記の情報:知识产权登记证号⑧商標登録の情報:商标注册信息⑧中国当局による抜き打ち(抜き取り)検査結果:抽查检查结果信息。
国家(全国)企業信用情報公示システム(国家企业信用信息公示系统)では、中国企業の行政許可情報を確認・閲覧できます。许可文件编号:許可番号 許可文書名:许可文件名称: 有效期自至:許可の有効期間 许可机关:許可主体(許可機関) 许可内容:許可の内容
国家(全国)企業信用情報公示システム(国家企业信用信息公示系统)では、中国企業が受けた行政処罰(犯罪)に関する情報を確認・調べることができます。 决定书文号:決定番号 违法行为类型:違法行為の種類(犯罪の種類) 行政处罚内容:行政処罰 行政処分の内容 処罰・処分を決定した機関(当局)の名前:决定机关名称 処分が決定した日:处罚决定日期 公示日期
列入经营异常名录原因:経常異常名簿(リスト)に入った原因・理由 列入日期:経常異常名簿(リスト)に入った年月日 作出决定机关(列入):経常異常名簿(リスト)に載せるを処分した機関(当局) 移出经营异常名录原因:経常異常名簿(リスト)から外れた(脱出)した原因・理由 移出日期:経常異常名簿(リスト)から外れた年月日 作出决定机关(移出):経常異常名簿(リスト)から外すを処分した機関(当局)
国家(全国)企業信用情報公示システム(国家企业信用信息公示系统)では、コンプライアンスに重大な問題がある「ブラックリスト」 にのっている企業(会社)かどうかを確認・調べることができます。黒名単、すなわちブラックリストと政府自ら名簿に名前を付けています。 列入严重违法失信企业名单(黑名单)信息重大違法名簿リスト(严重违法失信企业名单、厳重違法企業名簿リスト)に載ってしまう理由: 経常異常名簿に記載後、3年経過しても改善しない場合(2016年4月から運用開始) 列入严重违法失信企业名单(黑名单)原因:ブラック

順次内容を拡充予定です。