コンプライアンス・リスクは、金額ベースで管理すべきか?





 

一般的な与信リスク管理においては、

 

「与信額の大小」を「横軸」に、「倒産リスクの高低」を「縦軸」にした

 

マトリックス管理が主流だ。

 

 

金額が大きく、かつ倒産リスクの高い取引先により多くの管理リソースを投入していく。

 

 

このように、「金額」をリスク要素とした「リスクベース」な管理により、限られた社内資源で

 

メリハリの効いた与信管理が可能となる。

 

 

 

一方、コンプライアンス・リスク(贈収賄や反社リスク)についても、

 

「リスクベース」な効果的かつ効率的な管理が必要であることはいうまでもない。

 

ただし、与信管理と同じような「金額」を要素とした管理は、結論として「NG」である。

 

 

なぜなら、コンプライアンス・リスクにおいては、金額の大小は、

 

リスクが顕在化した場合の損失額とは無関係だからだ。

 

 

一般的な与信リスクは、それが顕在化した場合、基本的には、売掛債権などの金額が損失の上限となる。

 

(厳密には甘い管理をしていたといった風評リスクもあるが)

 

 

しかし、コンプライアンス・リスクについては、例えば、海外での贈賄行為事件(不正競争防止法違反)

 

の事例を見ると、わずか数十万円程度の贈賄が摘発されてメディアに大々的に取り上げられいる。

 

数十万円の贈答行為によって、散々にメディアに叩かれ、当該企業のリピュテーション(評判)は大きく既存するのだ。

 

 

反社リスクも同じだ。反社勢力への利益供与は、金額の大小というよりも、その事実の有無だけで、

 

メディアは大きく取り上げるだろう。

 

 

コンプライアンス遵守の目的の一つが、企業のリピュテーションを防衛するためだ、

 

という観点からは、金額ベースでのリスク管理は、適切でないと思われる。

 

 

 

加えて、不正を行う側からすれば、「金額が小さければバレないだろう」と考えがちである。

 

つまり、贈賄や利益供与の金額が小さい行為ほど、不正が多く存在しているかもしれないのである。

 

 

 

では、どのような観点で贈賄や反社リスクの管理を行えばよいのか?

 

 

それは、「相手の属性」と「行為の類型」だ。

 

 

 

例えば、「汚職がまん延する途上国の政府系企業の職員」(相手の属性)への

 

「夜の接待行為」(行為類型)は、贈賄リスクは高い。

 

一方、「汚職への罰則が厳しく、贈賄等の事件が少ない先進国の役人」(相手の属性)との

 

「ランチミーティング」(行為類型)は、贈賄リスクが低い。

 

 

このようなイメージだ。

 

 

 

支出チェックにおいて、相手の属性と行為類型を尺度として、

 

 

リスクの高い事象をあぶり出して管理する。

 

 

ここでは、金額の多寡は問わないのだ。

 

 

 

「属性」と「行為」。

 

 

これがコンプライアンス・リスクを管理する上でのリスクファクターである。

 

 

 

弊社は、調査会社として御社取引先の「属性」をチェックするのみならず、

 

 

本質を逸らさない効果的・効率的なリスク管理の仕組みづくりをお手伝いします。

 

 

お気軽にお問い合わせください。

 

(記事:アクティブ株式会社 泉博伸)