反社チェック 反社スクリーニング 新聞・雑誌 事件情報 逮捕情報 記事検索 WEB検索 単価 安い 上場審査 反社で上場基準に抵触しないために証券取引所提出リストチェック 幹事証券会社に提出 反社キーワード検索 ネガティブ・ワード検索 スクリーニングに グーグル検索と日経テレコンが定番

定番のチェックをリーズナブルに

リスク検出時の詳細調査にもワンストップ対応

運用規程・チェックシートもご提供

WEB反社チェック (グーグルで反社会的勢力関与や企業犯罪・コンプライアンス違反を検索)
反社チェック コンプライアンスチェック グーグル検索 書き込み情報 記事を目視精査 実際に読みます。

オールインワンで350円(税別)/1件(*)

 ①ネガティブ・ワード(反社関連ワード)検索

 ②調査のプロが目視で書き込み情報を精査

 ③チェック結果をフォーマットに集計・記録

 

*ご依頼件数が1,000件以上の場合の単価

 1,000件未満でもご対応致します。ご相談ください。


 

▮サービスフロー

 

① お打合せ

・チェック対象リストの整理 

・ネガティブ・ワードの設定

・集計・記録ルールの設定

・納期のご相談

 

②チェック作業

・WEB検索

・WEB検索結果の目視・情報精査

・集計・記録

 

③ご納品

 

④追加詳細調査

 必要に応じて弊社リスク・スパイダー調査

 

オプション:反社チェック運用規程作成サポート

 

反社チェック 検索代行 コンプライアンスチェック代行 目検チェック 精査 記事を読んで同一性と該当性を判断

 

▶より詳細な反社リスク調査は、こちら


メディア記事 一括検索 新聞記事・雑誌記事をスクリーニング 日経テレコンにより過去の記事をコンプライアンスチェック

記事見出しまで表示150円/1件(税別)(*)

 ①ネガティブ・ワード(検索式)の設定

 ②該当記事件数の表示

 ③予め設定した件数を上限に記事見出し表示

 ④結果を一覧表でフィードバック

 

ご依頼件数が1,000件の場合の単価(検索期間5年)

 記事内容を閲覧するには別途料金が発生します。

 

本サービスのご利用は、お客様と記事情報を集積している大手メディア会社とのご契約となります。

詳細は同大手メディア会社とともにご対応させて頂きます。なお、弊社は反社チェックの包括的なサポートの中で本サービスを推奨しています。

 

反社チェック・コンプライアンス・スクリーニング 新聞170紙超、30年以上蓄積 過去の暴力団関与事件 反社関与事件 行政処分 


商業登記取得代行 法人登記取得代行 登記の信用調査 登記の異常性をチェック(解任登記・多数の会社分割・役員一斉退陣・頻繁な移転)
商業登記の取得代行 商業登記チェック 反社チェックリストのメンテナンス 情報更新 商号・代表者名の変更 登記の異常事態(解任・移転・減資・会社分割・役員一斉退陣)


商業登記取得代行 法人登記取得サービス 反社チェック 登記確認 料金:700円/1件(税別)   サービス内容   ・法人特定・登記情報取得作業   ・商号・代表者名のリストへの上書き作業(追記)   ・チェックリストに基づく異常性チェック

弊社アクティブの反社調査のコンセプトを凝縮した

詳細な反社リスク調査(デスクトップ)

重要案件や要注意先のチェックに

 

料金:30,000円 

   スポット価格 1案件/税別/登記閲覧料等全て込み

   直接の調査対象企業の役員数が6名以内の法人の料金

   継続的なご利用の場合は割引単価でご提供します。

納期:受付後、中3営業日以内(最短、受付後翌日) 

▶詳細はこちら


同所に複数の実態不鮮明な会社が存在する。 ホームページが長らく更新されていない。 ホームページ上に記載されている役員・設立年月日・資本金などが登記上のものと異なる。 ホームページ上に記載されている許認可を実際には取得していない。 会社の独自ドメインがなく、フリーメールを使用している。

調査の総括

税務申告書の税務署収受印が偽造されているように見える。 税務申告書に税理士のサイン・押印がない。 税務申告書にニセ税理士(無資格者)のサイン・押印がある。 税務申告書に記載されている売掛先・買掛先の法人番号がない(架空取引先の記載)。 粗利益率や営業利益率が毎年全く同じ数値である。 社長や責任者が事業内容や業績・財務について具体的な説明ができない。

調査主対象のリスク

整理回収機構(RCC)による差押登記がある。 税務署(国税)など公的機関からの差押登記がある。 民間債権者による競売開始の差押登記がある。 市中金融機関による担保設定がある。 個人名や関係性が不明瞭な法人による担保設定がある。 過去の所有者の実態について反社会的勢力との関りの噂が存在する。 所有権移転請求権仮登記など特殊な登記がなされている。

関係先のリスク

法人(株式会社等)と称しているのに法人登記が存在しない。 頻繁に商号を変更している。 商号が大げさである。あたかも大手企業の関係会社であるかのような商号をつけている。 頻繁に本店所在地を変更している(特に登記所管轄をまたぐ移転)。 事業目的が不自然に多岐にわたる。又は、事業目的が大きく変動している。 役員の変動が激しい(短期間での入替、一斉入替など)。 役員のうち「解任」された者がいる。 役員(特に代表取締役)に破産歴がある(官報のチェックが必要)。 多数の会社分割が登記されるなど不自然な動きがある。

主対象の基本情報

登記変更手続きが法定期限内(2週間)に行われていない事項が複数ある。 (発生日と登記日に2週間超の乖離がある) 商号変更・本店移転・役員総入れ替えなどが同時期に行われている。 資本金が一気に増加している。 解散の記載がある。

リスク評価基準



■オーダメイド調査:アクティブ・リサーチ

 

 主に大型案件の審査会議向けの調査をご要望に応じて実施、資料を作成・ご提供しています。

  大型取引案件・M&Aにおける買収監査(デューデリジェンス)など、通常の取引審査以外の調査については、個別にご対応可能です。

 ●平均的な価格:15万円(税別)~

 ●納期:1週間程度~ 

各種リサーチ 自社の風評・イメージ調査 取引先の風評・イメージ調査 相関図作成 運用実態調査 事例研究 他社比較 業界調査 

 ◇最近の調査事例:仮想通貨関係業者、新興アプリ開発業者、特殊知能暴力集団(反市場勢力)、不動産開発業者など

■下記をコンサルティング過程でご提供しています。 

 ①反社チェック総括表

 ②反社チェック運用規程

 ③各種チェックシート

 ④年次報告書

 




お問い合わせフォーム

メモ: * は入力必須項目です