与信管理Eラーニング 与信管理教育の充実化 営業向けに分かりやすく 動画・音声教材 多言語対応可能 営業として身に着けるべき与信管理の基礎知識 営業管理職や管理部門向け与信管理研修もカスタマイズ 信用調査 与信リスク管理実務 反社調査 セミナーで培ったノウハウで与信管理教育を企画実施 運用フォローします
足元の景況は堅調であるが、2009年以来減少が続いた倒産件数が2017年には8年ぶりに前年比増加に転じるなど不穏な兆候を示している。人手不足・原材料価格の高騰などもあり与信環境は予断を許さない。更に、2020年東京五輪後の景気後退(不況)を想定すれば、早めに継続的に与信管理の知識・意識(マインド)の向上を図っていくことは、長期的な安定成長のために必須かつ急務である。
与信管理のeラーニング教材 講師動画つき、音声付き(機械音声)、シンプル。PDCAによる改善型教材作成。集合研修も企画実施。与信管理教材配布時のアナウンス、与信管理テストの結果やアンケートの実施も。
与信管理研修 内容:与信の意味と与信管理の重要性、与信額と与信限度額、取引先の定性分析(反社チェック)、決算書の基本、定量分析(財務分析)、 注意すべき商流・取引形態、契約書の重要ポイント(期限の利益、契約解除、不安の抗弁、出荷停止、担保提供義務)、債権の保全と回収 (担保、信用保険、保証ファクタリング、相殺、代理受領、債権譲渡)、信用不安情報 (手形不渡り、手形割止め、高利資金導入、差押え)、倒産時の対応(破産、民事再生、会社更生、相殺、期限の利益喪失)、与信管理研修実施要領 実施計画

1テーマごとのPDCA

受講者・主管部門様と双方向で研修実施

債権回収 契約書 信用調査書の見方 評点の考え方 国税 信用調査会社 商社審査部 実務経験を活かした実践研修 グループワーク 演習 講座

「2020年後不況」に備えて

与信管理教育の

こんなご要望にお応えします。

  • 受講者や主管部門の要望を踏まえた教材を作りたい。
  • 体系的な基礎教育を行いたい。
  • 丸投げではなく与信管理主管部門が一定の関与をしたい。
  • 教材制作の過程で主管部門も自社の与信管理を再考したい。
  • 与信管理研修のPDCAを回したい。
  • 研修効果を高めるサポートが欲しい。
  • 眠くならずに興味関心が持てる教材が欲しい。




本企画はお申し込み枠に限りがあります。

お早めにお問い合わせ下さい。



お問い合わせフォーム

メモ: * は入力必須項目です